神戸市で、救急外来の看護師求人を探している方へ

看護師として働く中で、瞬時の決断力や適切な患者への救急処置の技術が問われる現場、それが救急外来です。救急外来で働くときの特徴としては、病棟で働く場合のように夜勤があるにも関わらず、病院によっては残業代が支給されない場合や、夜勤手当の額が病棟よりも安くなっている事など、それぞれの場所によって給与のばらつきがあるという事でしょう。また、この職場で働く場合の年間の平均給与は、どの地域で働くのかという事も大きく関係しており、同じ近畿地方でも大阪府と兵庫県では全く異なってきます。

 

神戸市には救急外来の設備を持つ病院は市の中心部に集結をしており、近郊にある病院では大型の物でも救急外来の設備を持っていない場所が多いのですが、求人の状況としては、常に人を募集している状況にあります。現在では人手が足りていない事から、以前よりもかなり高収入になっている勤務場所が多くなっています。しかし、これから救急外来で看護師をする場合には、その職場での先輩と後輩の関係や、新人教育の体勢がしっかりと整っているのかも大切になります。病院によっては、院内における人との関係性が悪い場所が多く、癖のある職場もあります。見た目だけの求人情報や給料の面だけではなく、その職場の内部をしっかりと知っておく事が必要です。

 

また、給料や非公開の求人を調べる場合には、ハローワークなどを利用するよりも転職支援サービスを利用する事が、より自分の希望条件に合わせた場所を見つける事ができます。